2019年12月18日

『大町の家2』工事着工 20191218



『大町の家2』の工事が始まりました。

大町市住宅・建築物耐震改修促進事業の補助金の交付が決定したので、
着工までに時間がかかりましたが今日から既存建物の解体です。
今日は離れとして残し部分と取り壊す部分の切り離し、
既存屋根の瓦の撤去等を行いました。

DSC_0432_00001.jpg

DSC_0433_00001.jpg

DSC_0444_00001.jpg

IMG_7782.JPG

昭和53年に増築した部分は離れとして耐震補強をして残します。
昭和53年以前の住宅の部分は全解体し、建て替えをします。

DSC_4348_00001.jpg

DSC_4388_00001.jpg


冬場の工事になりますが、天候に恵まれますように・・・

posted by 侘助 at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 大町の家 2

2019年12月17日

『屋敷林のある家・書庫』解体工事 20191217



『屋敷林のある家・書庫』解体工事 20191217

今日から本格的に解体工事が始まりました。
床組、間仕切壁を手壊しで解体していきます。
土台の足元で腐っている柱が何本かありました。
転用して使う丸太梁は問題なく使えそうです。

IMG_7746.JPG

IMG_7766.JPG

IMG_7757.JPG

IMG_7761.JPG

IMG_7774.JPG

三村邸書庫立面スケッチ20191209.jpg

明日は屋根を壊し、丸太梁を外していきます。




2019年12月16日

『安曇野の家4』現場監理 20191215・16



『安曇野の家4』現場監理 20191215・16

昨日は休日にも関わらず、
外壁の塗壁の下地を塗ってもらいました。
外壁は藁を入れた渋い色の塗壁になります。

IMG_7712_00001.jpg

DSC_0383_00001.jpg

DSC_0396_00001.jpg

今日から駐車スペースと建物の建つ60cmの段差部分に
現場打ちのコンクリート擁壁の工事が始まりました。
合わせて宅地延長部分のアスファルト舗装工事も行います。

DSC_0387_00001.jpg

DSC_0392_00001.jpg

DSC_0389_00001.jpg

大工工事はほぼ終わり、来週は木製建具の打ち合わせを行います。


posted by 侘助 at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 安曇野の家 4

『大きな銀杏のある家』現場監理 20191215・16



『大きな銀杏のある家』現場監理 20191215

昨日は休日にも関わらず、
長野市から建具屋さんが木製建具に建込に来てくれました。
今回、木製建具はクライアントのKさんのお知り合いの
建具屋さんを使ったので本体工事とは別途工事にしました。

内部の建具と玄関戸は木製建具にします。
木製建具によって内部の雰囲気がガラッと変わります。

場所によって、框戸・フラッシュ戸・障子戸・ふすま戸・・・等
今回、ダイニングとサンルームの間の建具は天井いっぱいの
壁内に引き込むことが出来る簀戸にしました。
緩やかに間仕切ることが出来、サンルームの引き込みサッシ
からの光の量を調整することが出来ます。

DSC_0303_00001.jpg

DSC_0351_00001.jpg

DSC_0353_00001.jpg

DSC_0354_00001.jpg

DSC_0290_00001.jpg

今日はアルミサッシの網戸・シャッター・玄関と玄関ポーチの床の
洗い出しを行いました。

DSC_0362_00001.jpg

DSC_0365_00001.jpg

posted by 侘助 at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 大きな銀杏のある家

2019年12月14日

『屋敷林のある家・書庫』現説 20191213



図面がある程度整ったので、
『屋敷林のある家・書庫』の現説を行いました。

三村邸書庫立面スケッチ20191209.jpg

IMG_7699.JPG

DSC_0180.JPG

DSC_0162.JPG

DSC_0163.JPG

今回は一期工事(離れのリノベーション)、二期工事(主屋建て替え)
に続き、三期工事になります。
一期・二期工事を願いした工務店さんに引続きおねがいします。
来年3月の完成ですので、来週から先行して解体工事が始まります。

仕事柄、蔵書の多いクライアントのMさんの為の書庫と書斎
屋根の上には天体観測が出来る月見台を造り予定です。

本格的な工事は来年早々から始めます。

2019年12月12日

ポートフォリオ



『設計工房 悠』のポートフォリオを作ってみました。
ポケットに入れて持ち歩けるW9p×H12.8pのミニサイズです。

IMG_0001.jpg


posted by 侘助 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 営業

2019年12月11日

『安曇野の家5』現場監理 20191210



『安曇野の家5』現場監理20191210

造作工事の打ち合わせを行いました。
階段、LDKの天井の杉板貼り、壁下地の石膏ボード貼り
その他納まりに関して棟梁と打ち合わせを行いました。

DSC_9949_00001.jpg

DSC_9952_00001.jpg

DSC_9958_00001.jpg

DSC_9970_00001.jpg

DSC_9973_00001.jpg

クライアントのTさんにも現場にお越しいただきました。

posted by 侘助 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 安曇野の家 5

『倭の家』雨戸工事 20191210



2011年竣工の『倭の家』
半屋外デッキの南側に木製雨戸建具を追加しました。

秋に信州にも影響のあった台風で雨戸を検討され、
ご相談を受けて今回3枚引戸の雨戸をつけました。

DSC_0040_00001.jpg

DSC_0046_00001.jpg

0001.jpg

今までの開放的な半屋外デッキの要素を残したまま、
必要に応じて戸を開閉できるようにしています。

DSC_0044_00001.jpg

DSC_0061_00001.jpg

DSC_9982_00001.jpg

夏の強烈な日差しを遮る役割
台風の時などの雨戸の役割
物干しスペース
天気の良い時には日向ぼっこや昼寝をする場所・・・・・・
いろいろな使い方が考えられます。

住みながら必要と思ったときにご相談して頂ける事は設計者として、とてもうれしいことです。

それにしても廻りの家と比べると『小さい家』

posted by 侘助 at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 倭の家

2019年12月08日

『安曇野の家4』現場監理 20191206



『安曇野の家4』現場監理 20191206

大工工事もあと少しで終わります。
これから来年1月末の竣工まで仕上げ工事に入ります。
AEP塗装、CFシート、クロス、照明器具、タイル・・・
決定しなければいけない事が・・・

DSC_9845_00001.jpg

DSC_9844_00001.jpg

DSC_9682_00001.jpg

DSC_9676_00001.jpg

DSC_9680_00001.jpg

DSC_9819_00001.jpg

DSC_9848_00001.jpg

DSC_9858_00001.jpg

posted by 侘助 at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 安曇野の家 4

『大きな銀杏のある家』現場監理 20191206



『大きな銀杏のある家』現場監理 20191206

外部足場が外れました。
外壁に塗った砂漆喰も次第にイメージしたグレー系の白色になってきました。
設計では総二階部分の外壁は板張りでしたが、現場監理時に全て塗壁に
変更しました。
どちらが良かったのかは、なかなか難しいですが・・・

DSC_9772_00001.jpg

20180130 (4).jpg

DSC_9809_00001.jpg

20180130 (13).jpg

DSC_9801_00001.jpg



内部は珪藻土塗、AEP塗装、クロス貼り、CFシート貼りが
決められた工程で行われています。

DSC_9778_00001.jpg

DSC_9784_00001.jpg

DSC_9796_00001.jpg

太陽熱温水器の設置も終わりました。

DSC_9713_00001.jpg

今月末の竣工を目指して工事が進んでいます。


posted by 侘助 at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 大きな銀杏のある家