2020年02月07日

『屋敷林のある家・書庫』現場 20200207



『屋敷林のある家・書庫』現場 20200207

今朝は冷え込みました。

現場では火を焚き、暖をとりながら大工工事が進んでいます。
床の下地が貼られ、書庫内部の感じがイメージできます。

DSC_5536.JPG

DSC_5543.JPG

書庫部分の建て方と屋根下地の施工が終わったので、
蚕室と書庫の間のムロに下りる階段部分の屋根を取り壊して
新規に屋根を架けるための打ち合わせを行いました。
南側は石基礎の上に栗の土台、
北側は栗の土台の下には基礎石がありませんでした。
南側は現状の基礎地業を補修してそのまま生かし、
北側は縁石に使っていた御影石を基礎に転用することにしました。

DSC_5465.JPG

DSC_5468.JPG

DSC_5466.JPG

DSC_5523.JPG

東側の道路からはキリっとした空気の中、
常念岳がきれいに見えます。

DSC_5555.JPG


『安曇野の家5』現場監理 20200206



『安曇野の家5』現場監理 20200206

壁のAEP塗装が終わりました。
漆喰のような白にすることが多いですが今回はグレーのAEP塗装

DSC_5421.JPG

DSC_5425.JPG

DSC_5440.JPG

DSC_5508.JPG
↑階段の1・2段目は蹴込板をなくして、ルンバ置場にしました。

玄関の洗い出しのパターンを決めました。

DSC_5454.JPG

あと2週間ほどで完成予定です。



posted by 侘助 at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 安曇野の家 5

2020年02月06日

『大町の家2』現場監理 20200204



『大町の家2』現場監理 20200204

プレカット工場にて材料検査。
化粧構造材を中心に柱・梁・土台の検査。
和室の化粧柱は杉の上小
その他の化粧柱は桧の特一から節の少ないものを選定。
化粧梁は米松材の特一と一部杉材の上小。

DSC_5342.JPG

DSC_5348.JPG

DSC_5352.JPG

午後は現場へ。
基礎工事が終わりました。
綺麗な基礎です。

IMG_8363.JPG

DSC_5381.JPG

DSC_5388.JPG

20日に上棟予定です。
天気が良く北アルプスがきれいに見えました。

DSC_5412.JPG


posted by 侘助 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 大町の家 2

2020年02月02日

『屋敷林のある家・書庫』上棟 20200201



『屋敷林のある家・書庫』上棟 20200201

解体した建物の丸太梁を転用したのでプレカットではなく、
大工さんの手加工でお願いしました。
ベテランの大工さんと若手の大工さん3人・現場代人のIさんの5名で
丸太梁等の材は全て人力で持ち上げて組みました。

DSC_5095.JPG

DSC_5102.JPG

DSC_5181.JPG

DSC_5069.JPG

DSC_5155.JPG

屋根の上に天体観測用の月見台を造るので屋根勾配を2寸勾配としています。
外壁は杉板の目板貼り。

DSC_5238.JPG

三村邸書庫立面スケッチ20191209.jpg

DSC_5256.JPG

DSC_5243.JPG

3月中旬に完成予定です。

2020年01月31日

『安曇野の家4』お引渡し 20200131



『安曇野の家4』お引渡し 20200131

最初に建築相談のメールを頂いたのが2017年の7月です。
事務所にお越しいただき、悠のことをお話しして
家づくりのお手伝いをさせて頂くことになりました。

0001.jpg

今回は、土地の決定からかかわることが出来ました。
選ばれた土地は農業振興地域だったので
農振除外⇒土地利用条例の特定開発認定、開発承認⇒農地転用許可
という手続きが必要で約1年半ほどかかりました。
その間に、設計に十分な時間をかけることができ、2019年の7月に着工しました。

DSC_5019.JPG

IMG_3831.JPG
↑クライアントのSさんが製作した模型です

吹抜けのあるLDKを中心に西側に大きな窓を設けて
西側の眺望を取り込みました。
こだわりのアイランドキッチンはオーダーで作りました。
外観は『への字』の切妻屋根を架け、
南側の屋根には太陽光パネルを載せています。
2階はLDKの吹抜けに面して3人のお子さんの子供部屋と
畳敷きの書斎スペースがあります。

DSC_4587_00001.jpg

DSC_4329_00001.jpg

DSC_4307_00001.jpg

IMG_8292.JPG

敷地内の駐車スペースとアプローチの階段はクライアントのSさんがDIYで仕上げます。
建物の南側は庭と畑になります。

Sさん、完成おめでとうございます。

施工をお願いした舟橋建築さん
初めてのお付き合いでしたが、
質の高い丁寧な仕事をして頂き、ありがとうございます。

竣工写真は後日、ホームページに掲載します。


posted by 侘助 at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 安曇野の家 4

2020年01月30日

『屋敷林のある家・書庫』現場監理 20200130



『屋敷林のある家・書庫』現場監理 20200130

基礎型枠を外しました。
既存石基礎と新規のコンクリート基礎の
取り合いも上手くいきました。
明日から土台敷きに入ります。

DSC_5009.JPG

DSC_5014.JPG

DSC_5015.JPG

三村邸書庫立面スケッチ20191209.jpg


『大町の家2』現場監理 20200130



『大町の家2』現場監理 20200130

基礎の型枠が外れました。
今年は暖冬で基礎工事には助かります。
引続き、ポーチ部分とデッキ下の基礎工事に入ります。

DSC_4971.JPG

DSC_4975.JPG

DSC_4967.JPG

2月中旬の上棟に向けて、プレカット工場との打ち合わせも進んでいます。
実施図面を基に作成したプレカット図をチェックバックし、
詳細な打ち合わせを重ねています。

IMG_8131.JPG

0004.jpg

0006.jpg

DSC_4348_00001.jpg

既存離れの耐震補強工事も終わりました。
既存主屋と繋がっていた、屋根も上手く補修出来ました。

DSC_4951.JPG

DSC_4958.JPG

posted by 侘助 at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 大町の家 2

2020年01月27日

『大町の家2』基礎工事



『大町の家2』基礎工事

20日に基礎の配筋検査を行いました。
大町市は多雪区域なので耐圧版の配筋はD13@150(縦横)と細かく入れています。
綺麗な配筋工です。

DSC_3737.JPG

DSC_3705.JPG

21日に耐圧版コンクリートの打設。
コンクリート強度27N/mm2・スランプ15で打設しました。

DSCF3812.JPG

24日に立ち上がり部分のコンクリートの打設。
今年は暖かいので基礎工事には助かっています。

DSC_4006.JPG

DSC_4011.JPG

別途工事の電気業者との顔合わせ
瓦業者との瓦割り付けの打ち合わせ等

posted by 侘助 at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 大町の家 2

『安曇野の家4』完了検査 20200127



『安曇野の家4』完了検査 20200127

民間の検査機関で受けましたが
特に指摘事項は無く終了しました。

畳、サッシの網戸が入っていました。
LDKの西側の窓からは常念岳がきれいに見えました。

DSC_4149_00001.jpg

DSC_4161_00001.jpg

DSC_4154_00001.jpg

DSC_4189_00001.jpg


posted by 侘助 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 安曇野の家 4

2020年01月25日

インドア交流会U-11 20200125



午後からは息子のサッカー『インドア交流会U−11』を観に行ってきました。
フットサルの交流会です。
5勝1分。
良く動けていました。
体育館の中は寒い。

スライド7.JPG

スライド3.JPG

スライド8.JPG

スライド6.JPG

スライド5.JPG


今日で仲間の一人が諸事情でサッカーを辞めます。
柔道をやるそうです。
頑張れ・・・

スライド4.JPG

posted by 侘助 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー