2013年12月05日

サーマスラブの温度設定



 『蓼科の家』  に伺いました。
約3カ月ぶりに伺ったのですが、紅葉も終わり初冬の装いとなっていました。
冷え込むようになってきたので、サーマスラブエンジニアリング株式会社の
小林さんにもお越しいただき、サーマスラブのスイッチを入れました。
クライアントのOさんは現在、アメリカにいらっしゃるので、
設定温度を一番低い15℃に設定しました。


サーマスラブ=土壌蓄熱式輻射床暖房システムは
家の敷地の下の土・コンクリートを夜間電力だけを利用して暖めて、
その熱を24時間ずっと家全体に輻射(放熱)して
家全体を暖めて寒くない家を提供する仕組みです。

熱の伝導の性質を有効に活用しており、
無駄のない熱利用のシステムで冬の寒いシーズンの24時間を一定の温度で保ちます。


20131204-1.JPG     
20131204-2.JPG     
20131204-3.JPG     
20131204-4.JPG     
20131204-5.JPG


posted by 侘助 at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 蓼科の家
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81971810

この記事へのトラックバック