2020年02月14日

『安曇野の家5』現場監理 20200214



『安曇野の家5』現場監理20200214

お引渡し前の最後の現場打合せ
クライアントのTさんにお越しいただき、
ハンガーパイプの高さ、
寝室のロフトへの梯子の位置等・・・
の確認を行いました。

DSC_5806_00001.jpg

DSC_5765_00001.jpg

製作のアイランドキッチンの設置。
トップはステンレス、下台はチーク材で造りました。
いつもお世話になっているRoomsさんにお願いしました。

DSC_5830_00001.jpg

設計事務所の検査を行いました。
木製建具に一部、修正をお願いしました。

DSC_5747_00001.jpg

DSC_5837_00001.jpg

来週、検査機関の完了検査を受けて20日にお引渡しです。


posted by 侘助 at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 安曇野の家 5

2020年02月10日

『屋敷林のある家・書庫』現場監理 20200208



『屋敷林のある家・書庫』現場監理 20200208

長野市からクライアントのMさんにお越しいただき、
現場を見て頂きました。

このプロジェクトでのMさんのご要望は
1.仕事柄、本がたくさんあるので蔵書の為の書庫
2.学生時代の趣味でもある天体観測のための月見台を屋根の上に造ってほしい
  
スチールの既製品の本棚25個が入る書庫と書斎は将来、
用途が変わっても対応できるように間仕切りの無い20畳の大きさ。
構造の丸太梁は解体した建物の古材を転用して、梁は化粧で見せます。
書庫に繋がる広めの押入れと南側に縁側も設けています。

DSC_5613_00001.jpg

DSC_5594_00001.jpg

月見台は屋根の上にスノコ板を乗せます。屋根勾配は2寸の緩勾配とし、
屋根へははしごで上がります。

DSC_5606_00001.jpg

DSC_5582_00001.jpg

用途は書庫ですが断熱材はしっかり入れます。

DSC_5588_00001.jpg

3月中旬に完成予定です。

『安曇野の家5』現場 20200210



『安曇野の家5』現場 20200210

木製建具の建込み中
フラッシュ戸がほとんどで面材は米松にしました。
その他、照明器具・給湯ボイラー・衛生器具・灯油タンクの取付け
今週末に設計検査、
来週、検査機関の完了検査、20日のお引渡し予定です。

DSC_5616_00001.jpg

DSC_5620_00001.jpg

DSC_5627_00001.jpg

DSC_5637_00001.jpg


posted by 侘助 at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 安曇野の家 5

スキー合宿 20200208・9



息子は所属するサッカークラブの
5年生のコーチに企画して頂いたスキーに
8日・9日と泊りで行ってきました。

鹿島槍スキー場ですが、暖冬なのかスキー場も
雪が少なく、大町市内にはほとんど雪がありません。
一日中スキーをして、仲間と寝食を共にする。
この学年はみんな仲が良く、まとまっています。
来年度は最上級生の6年生です。

IMG_8429.JPG

IMG_8432.JPG

スライド1.JPG

スライド3.JPG

スライド5.JPG

スライド4.JPG

2月には静岡遠征もあります。
冬の間に個々がテクニックを磨いて、
4月からのサッカーに活かしてほしいです。


posted by 侘助 at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー

2020年02月07日

写真 20200207



写真を撮ることが好きです。

竣工写真も自分で撮ります。(プロに頼むと料金高いし・・・)

設計工房 悠のホームページ内に『ギャラリー』があります。

風景(​Landscape)
フレーム20140426.jpg

建築(Architecture​)
富貴寺20150503.JPG

暮らし(Living)
20140506 (77).JPG

侘助(Wabi​)
20141214.JPG

をキーワードに趣味で撮影した写真を載せています。
時間のある時に覗いてみてください。

写真は自己流なので、テクニックとかは良くわかりません。
撮りたいと思ったものを撮るようにしています。

カメラはニコンのフルサイズの一眼レフに
撮るものによって、『広角ズーム』『標準ズーム』『望遠ズーム』
の3個のレンズを使い分けています。

好きな写真家は『土門 拳』
酒田市にある土門拳記念館で観た写真に衝撃を受けました。

『写真は絞りだ』とは土門拳の言葉ですが、

ピントがキッチリとあった
キリッとした写真が好きなので、
彼の写真は自分の好みに合うのだと思います。

posted by 侘助 at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

『屋敷林のある家・書庫』現場 20200207



『屋敷林のある家・書庫』現場 20200207

今朝は冷え込みました。

現場では火を焚き、暖をとりながら大工工事が進んでいます。
床の下地が貼られ、書庫内部の感じがイメージできます。

DSC_5536.JPG

DSC_5543.JPG

書庫部分の建て方と屋根下地の施工が終わったので、
蚕室と書庫の間のムロに下りる階段部分の屋根を取り壊して
新規に屋根を架けるための打ち合わせを行いました。
南側は石基礎の上に栗の土台、
北側は栗の土台の下には基礎石がありませんでした。
南側は現状の基礎地業を補修してそのまま生かし、
北側は縁石に使っていた御影石を基礎に転用することにしました。

DSC_5465.JPG

DSC_5468.JPG

DSC_5466.JPG

DSC_5523.JPG

東側の道路からはキリっとした空気の中、
常念岳がきれいに見えます。

DSC_5555.JPG


『安曇野の家5』現場監理 20200206



『安曇野の家5』現場監理 20200206

壁のAEP塗装が終わりました。
漆喰のような白にすることが多いですが今回はグレーのAEP塗装

DSC_5421.JPG

DSC_5425.JPG

DSC_5440.JPG

DSC_5508.JPG
↑階段の1・2段目は蹴込板をなくして、ルンバ置場にしました。

玄関の洗い出しのパターンを決めました。

DSC_5454.JPG

あと2週間ほどで完成予定です。



posted by 侘助 at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 安曇野の家 5

2020年02月06日

『大町の家2』現場監理 20200204



『大町の家2』現場監理 20200204

プレカット工場にて材料検査。
化粧構造材を中心に柱・梁・土台の検査。
和室の化粧柱は杉の上小
その他の化粧柱は桧の特一から節の少ないものを選定。
化粧梁は米松材の特一と一部杉材の上小。

DSC_5342.JPG

DSC_5348.JPG

DSC_5352.JPG

午後は現場へ。
基礎工事が終わりました。
綺麗な基礎です。

IMG_8363.JPG

DSC_5381.JPG

DSC_5388.JPG

20日に上棟予定です。
天気が良く北アルプスがきれいに見えました。

DSC_5412.JPG


posted by 侘助 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 大町の家 2

2020年02月02日

『屋敷林のある家・書庫』上棟 20200201



『屋敷林のある家・書庫』上棟 20200201

解体した建物の丸太梁を転用したのでプレカットではなく、
大工さんの手加工でお願いしました。
ベテランの大工さんと若手の大工さん3人・現場代人のIさんの5名で
丸太梁等の材は全て人力で持ち上げて組みました。

DSC_5095.JPG

DSC_5102.JPG

DSC_5181.JPG

DSC_5069.JPG

DSC_5155.JPG

屋根の上に天体観測用の月見台を造るので屋根勾配を2寸勾配としています。
外壁は杉板の目板貼り。

DSC_5238.JPG

三村邸書庫立面スケッチ20191209.jpg

DSC_5256.JPG

DSC_5243.JPG

3月中旬に完成予定です。